Change Sport By Kids~指導者に守ってほしい10の約束~

 

p_ChangeSportsByKids
俺たちは殴られても強くならない
大阪府桜宮高校でバスケ部のキャプテンが体罰を苦に自殺。
問題が起こったとき、多くのアスリート、指導者、教育者がTVの中で議論を繰り広げたが、その中に「子ども」はいただろうか。
問題の真ん中にいる子どもたちの声を誰も聞いていない。
子どもの声が誰にも届いていない。
だからこそ、子ども達のリアルな声を届ければ「スポーツ界」を変えられるかもしれない。

どんな指導にモチベーションがあがり、

どんな声にやる気を失うのか。

全国の子ども達(小学生・中学生・高校生)の声を10の提言にまとめて、
学校やスポーツクラブ、国に届けるプロジェクト。

第一弾を杉並区和田中学校で開催!各部活動から数名が参加し、今まで指導者にされて「嬉しかったこと」「嫌だったこと」を考えて発表。10個に整理

PK2015021302100064_size0

【メディア】東京新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. 子ども達が稼ぐ民間学童「会社設立プログラム」

    「学童で遊びたいおもちゃは自分たちで買う!」を目標に10万の融資を受けて高学年12名で会社を設立。畑を借り、野菜を売り、夏祭りイベントを行い、スポンサー営業のすえ、レストランを開催。1年間で15万の利益を得ることに成功。【メディア】日経新聞

  2. Google×中高生プログラマー×流山市のアプリ開発

    流山の5つ課題を解決するため、全国から中高生プログラマーたちが集まった。たった3日間で実装できるレベルのアプリをgoogleのオフィスで開発。問題解決方法の発想にも開発スキルにも驚かされる。【メディア】テレビ東京ワールドビジネスサテライト

  3. 小学生×シニアのほうれん草商品開発

    ほうれん草嫌いの子ども達が「自分たちが食べたくなるほうれん草ペースト」の商品開発を農家と一緒に手掛けた。作る過程の中で子ども達の登下校を見守るシニアの方々も巻き込んだ。ただの商品開発ではなく、コミュニティー形成をしながら行うプロジェクト

  4. 男子高校生とsonyの新規事業の可能性を探るミーティング

    Sonyの新規事業などに取り組む社員の方と男子高校生とのブレストミーティング。10年後はやる商品サービスを作るなら、10年後のメイン消費者になる高校生たちの意見を聞くことは開発に非常に効果的。

ページ上部へ戻る