失敗をコンセプトにしたママの創業スクール

失敗でママの創業を応援する超実践型創業スクール
Mistake is the Mather of Success
~失敗は成功の母~

多くの創業スクールでは「失敗しないための秘訣」を成功者から学びます。
しかし、本当に成功するため秘訣はたくさん失敗することです。

創業者は必ず失敗を経験し、そこから成功のヒントを得ます。

『私のやった仕事で本当に成功したのは全体のわずか1%にすぎない。
99%は失敗の連続であった。ホンダ創業者本田宗一郎』

『最初は失敗してもいいのではないかと思っている。
最初からうまくいくほど商売は簡単じゃない。
ファーストリテーリング会長柳内正』

『間違いや失敗をしたことのない者だけは信用してはならない。
P.Fドラッガー』

女性は家でも会社でも「守り」の役割を担うことが多く「失敗」になれていません。

スクールでは座学ではなく、 ミッションを3か月間実践をすることで
失敗の痛みと達成の喜びを学んでもらいます。

<平成27年度第一期スクール>
初回、市長から名刺を渡され、みんなでみんなの営業先を開拓していきます。
「流山で創業したいママさんを応援してくれる人達を100人集める」
これは後々、創業した時に
「チラシを置かせてもらえたり、場所をお借りできたり、相談に乗ってもらえたり、
創業スクールを卒業したママさん達の力になってくれることを承認してくれる人を
みんなで増やしました。
スクリーンショット (66)スキャン_20150331 (2)11756684_992158827485735_69005417_n
<平成27年度第二期スクール>
次の4月の創業に向けて、自分たちの差別化ポイントを明確にし、
チラシまたはHPを制作するプログラム。
最終回は100名を超える前で事業計画をプレゼンし、チラシを配る。
その場で商談になるように場を設定。参加者13名中、8割以上が創業を目指して奮闘中

12021921_1021989437836007_704812670_n 12309712_1072892692756012_3974431129558808054_o 12368986_1065095916858692_477429047900421899_n 12374762_1072892822755999_1287785083122969308_o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. ママが政治家になるための新しい選挙セオリー

    ママが今までのセオリーを覆す選挙戦を展開。事務所もなし、名簿もなし、電話掛けもなし、選挙カーもなし、夜の駅頭もなし。それでも、新人の中でトップ当選。そのノウハウは第10回マニフェスト大賞を受賞。【メディア】AERA、朝日新聞

ページ上部へ戻る