行政や学校を動かす

企業のみならず、
市や学校とコラボして
プロジェクトを行っている。

ママと子どもが一番価値を出せる場所。
それは半径10メートル。
自分たちの街を、学校を、どう素敵に変えていくか?

行政も学校も少子化を見据えて、
子育て世代をどう誘致するか?
どう特色を出していくか?
を本気で考え始めている。

しかし、教育もキャリア支援も
公共施策だけでは限界がある。
様々な分野で企業とコラボしてスピードと質を上げていく必要がある。

行政や学校は企業とコラボしない。
その考えはもう古い。

<市とのコラボ案件>
■マッピングパーティーながれやま
流山市・教育委員会が後援
■そのママプロジェクト
流山市マーケティング課と開催
■google×中高生×流山市
市の5つの課+市長がイベントに参加
■ほうれん草ペースト商品開発プロジェクト
おおたかの森安心安全街づくり協議会、助成金事業。
<学校とのコラボ案件>
■和田中学校「

ページ上部へ戻る